i remember nothing

文章の練習も兼ねています

書けないときは遺書を書くことを想像する

日記の話。

別に悲観的になってるわけではないし、明日死ぬかもしれないから、という話をしているわけではない。

日記を書く時に、何を書けばいいかわからないときがある。そういうときは、今遺書を書くとしたらどう書くか?ということを考えながら、最後の1日としての今日を日記として書き起こす。数日しか試してないが、今の所これは自分にとってはわりかし効果的な手法だ。