読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

i remember nothing

文章の練習も兼ねています

自分が聴覚過敏の対策としてしていること

私には聴覚過敏がある。症状は人それぞれなので対策もそれぞれだと思うが、私のしている対策をざっとあげる。

 

## 症状

 

私の場合、体調によって気になる音が変わる。

特に疲れて帰宅している時の電車内などがキツい。

 

### 気になる音

- 高い音(皿を洗う音、金属音、甲高い声など)

- ざわざわした音(ラジオの混線、人のヘッドホンの音漏れなど)

 

### 気にならない音

- 音楽(ライブ、コンサートなどは平気。映画は物によってダメな時がある)

 

## 対策

 

### 耳栓

 

基本だがあまり好みではない。遮音性は高いが、外では使いにくいし、耳の中のガサガサする音が聞こえるものもある。

 

### フードのついた服

 

フードを被ることによって音と光が多少軽減される。視覚刺激も減らすことによって全体としての刺激が減りいくぶんか楽になった気になる。

フードが大きめのものだと肩周りがゆったりして楽である。海外のアウトドアメーカーだとフードが大きめのものも多い。

 

### ヘッドホン

 

冬は代用として耳あてもあり。フードと組み合わせて着用するとさらに効果がある。

 

### 帽子

 

光の刺激を和らげるという点で大きい。寝癖も治る。

 

これらの対策は聴覚過敏でなくとも、疲れていてリラックスしたいときには耳からの刺激を和らげるのも有用な手だと思う。

 

### 周りに周知しておく

 

家族、住人などには一応知らせておいて損はない。トラブルになる前に共有をする。

厳しいときには皿洗いなどを代わってもらう。

気を遣われすぎたり、めんどくさい奴だと思われるかもしれないが、このような特性に関わらず人それぞれ配慮してほしいことはあると思うので、あまり気にしないことにする。